【レビュー】Emilia's PLAYROOM VR 質感は高いけど、モデリングの不自然さが目立つ


同人サークル「マーマレード★スター」から発売中の「Emilia's PLAYROOM VR(エミリアズ プレイルーム VR)」のレビューです。

目次

作品紹介

次世代VRアダルトの世界へようこそ!
エミリアズプレイルームVRへようこそ!

このプレイルームでは、
エミリアと色々な場所で、色々なプレイを楽しんでいただくことができます。

ゲーム性はほとんどないのですが、
自由な角度から見ることができる、次世代のVRのアダルトビデオを目指して制作しました。

プレイは色々な自由なアングルから見ることができます。
3Dモデリングツールのような無機質な視点変更ではなく、
VR-FPSのシステムを採用することによって、その場にいるような没入感を感じられます。
目線の高さの上下や、
自由自在に色々な方法でプレイを眺めることができます。
一度見たシーンは、シーンセレクト機能によって、後から簡単に見返すことができます。

Emilia's PLAYROOM VR

サークル名マーマレード★スター
対応ヘッドセットSteamVR / Meta Quest

対応ヘッドセット

PCVR専用でSteamVRとAirLink(QuestLink)でのプレイに対応しています。
Questシリーズの単体起動には対応していません。

プレイ

タイトル・オプション

ゲームを開始するとタイトル画面が表示されています。
ニューゲームで本編を開始、オプションではグラフィック設定の変更が可能です。
初期値は自動設定が低で他は高になっていましたが、自動設定を変更すると他もまとめて変更されたので、おそらく自動設定は他と連動すると思われます。

ロビー

ホテルのロビーのような場所から始まり、エミリアが受付に居て、壁には操作方法が掲載されています。
移動方法は、左右のスティックで移動と回転を行う簡単な操作なので分かりやすいです。

エミリアに近づくと、奥の部屋に入ってプレイをしましょうと案内をしてくれます。

近づいてコントローラーで触っても貫通するだけで、おっぱいを揺らしたりといった干渉をすることはできません。

操作方法

ロビーの壁に操作方法が掲載されいますが、英語と中国語で表記されています。
Quest2のコントローラーが表示されていますが、Indexのコントローラーでも問題なくプレイ可能でした。
特殊な操作では、
上下移動:左ボタン
時間停止:左のグリップ

部屋

各部屋の前にはプレイの衣装が分かるように、マネキンが配置されていています。

エッチ

各部屋に入室してエミリアとエッチをします。
101号室に入室、ドアノブに手を近づけると入室できます。

101号室はベッドルームとなっていました。

ハートマークに近づくと、エミリアの髪色と男の透明選択が表示されますので、選択してエッチを開始します。

騎乗位でエッチが始まり、左コントローラーのトリガーで次のシーンへ移行して射精まで行います。
ピストンの動きは自動でシーンを進める以外に操作の必要はありません。
射精後、ちんちんを抜くと精液が垂れ落ちます。

部屋を退室して、次は102号室へ入室します。
バスルームでのエッチで、体位はバックです。

体位

残りの部屋も同じく、衣装と場所が変わり、プレイする体位も変わります。
ベッド
騎乗位

地中海
足コキ

地下牢
正常位

プール
フェラ正常位

海岸
正常位

光源が強い

ここまでのスクリーンショットを見て気が付いた方もいるかもしれませんが、白飛びしまくってかなり眩しいです。
太陽光の光源が強すぎる為、白飛びしているようです。
太陽光がある部屋に入ってまず感じるのは、「眩しい」ですからね。
プールのフェラでは白すぎて正直何をやっているかあまりわからないレベルです。

自室

隠し要素(?)も用意されています。
1階の奥に柵が置いてあり、これ以上進めないように見えますが、実際はすり抜けて2階へ進むことが可能です。

扉には柵があり入れませんが、1部屋だけ柵がなく入室可能となっています。

入って覗いて見ると、エミリアがオナニーをしています。

近づいてもこちらに気付くことはなくオナニーを続けて絶頂します。

VIPルーム

さらに隠し要素(?)として、2階の突き当りに行くとVIPルームへ行くことが可能です。

なんとも豪華な場所に到着しました。
中には食事をするダンディーな人や、肩を組んでいちゃつくカップルが居たりします。

エッチはできないのかなとウロウロしていたら、階段の下でエッチマークが見つかりました。
バニーガール衣装でフェラをしてくれます。

階段から2階へ上がり、2階でも2カ所でエッチが可能です。

モデリング崩れ

一部シーンではモデリングが崩れて不自然に見える事がありました。
これは非VR版でも指摘されているようです。

とにかく眩しい

アンリアルエンジンで制作されているということもあり、キャラの質感や背景の部屋などはかなりリアル寄りでクオリティが高いです。
各部屋へ移動して、プレイ内容も場所も変わり、隠し要素もあり探索も楽しめました。

しかし、途中でも触れましたが、白飛びが眩しすぎて、この部屋のエッチシーンは見なくていいやとなることもありました。
作品ムービーでは白飛びしてないのでおま環の可能性も考えられますが、非VR版の作品ページにはレイトレに対応していると記載がありますので、レイトレ関連が原因か不明ですが白飛びは改善が欲しいです。
また、体位によってはキャラのモデリングが崩れたり、体が不自然に見えるシーンがあり、君そんな顔だっけ?となることも多々ありました。
個人的にサークル作品のとらぶるだいありーシリーズで何度もお世話になっていたので、モデリングの崩れや不自然感はかなり残念でした。
体位の数が少ないのも気になりますが、とにかく白飛びが気になってそれどころではないですね。
探索が意外と面白かったので、エッチより別の楽しみ方をしてしまいました。

UEのリアルな描写
豊富なステージ
中出し後に精液が垂れる
白飛びしすぎ
モデリングが崩れて不自然に見える
体位が少ない

Emilia's PLAYROOM VR

サークル名マーマレード★スター
対応ヘッドセットSteamVR / Meta Quest
評価

おまけ

部屋によっては広くて探索メインになったりとプレイしていて面白かったシーンです
広すぎる地中海迷路

入ると2度と出れないプール

くつろぐ女2人

海岸・・・?

くつろぐ女2人 パート2

海の果て(落ちると復帰不可)

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

名前は無記入でも書き込めます
日本語が含まれないコメントは書き込めません(スパム対策)
返信をしたい場合、返信から返信ができます

目次