コイカツ!キャラスタジオをVRでプレイ - VR MOD -

12/31 スタジオ専用MOD用に更新

スタジオも本編VR化と同じ手順でVR化が可能ですが、IK操作等の一部操作が不可能でした。
スタジオの操作にも対応したVR化MODリリースされました。スタジオもVRでプレイできるようにしましょう。

※公式対応ではありません。MODの導入は自己責任です。


前提条件

前提条件として、本編VR化が済んでる状態のファイル・フォルダ構成とします。
本編VR化をしていない方は、本編VR化を行なった上で進めてください。



コンセプト

イリュージョンが可能にした全く新しい「ハイクオリティ3Dアニメキャラ」!
キャラメイクを超えた「キャラクターデザインシステム」!30性格の女の子達と過ごす「いちゃらぶ学園ライフ」!
これらがすべて入った最高の「3DキャラメイクH恋愛シミュレーション」それが『 コイカツ! 』です!
あなたが生み出した、理想の3Dアニメキャラクター達とあなただけの学園生活を思う存分楽しんでください!

3DキャラメイクH恋愛シミュレーション 『コイカツ』 コンセプトページ




事前に

コイカツとSteamVRのインストール、HMD(Vive等)の設置と各種設定も完了した状態にしておきます。

無料で衣装等が追加される追加データの適用をオススメします。
3DキャラメイクH恋愛シミュレーション 『コイカツ』 追加データ&CHARA STUDIOページ
3D美少女アダルトゲームメーカー「イリュージョン」の製品「コイカツ」の公式サイト内の「 追加データ&CHARA STUDIO 」ページです

注意

※※※
MODを入れたコイカツで作成したキャラを公式のアップローダーへアップしてはいけません。
アップしたキャラは削除、BAN対象となり、アップローダーへアクセスが出来なくなります。
※※※



コイカツのファイルを弄る

VR化するためにコイカツのファイルを弄る必要があります。
UABE(Unity Asset Bundle Extractor)というファイルを展開できるソフトを使用します。

UABEをダウンロード

UABEをこちらからダウンロードします。
64bitをダウンロードしてzipを解凍してください。
DerPopo/UABE
Unity Assets Bundle Extractor. Contribute to DerPopo/UABE development by creating an account on GitHub.

UABEを使用してファイルを展開

解凍したUABEを起動
「File → Open」からコイカツのインストールフォルダにある
CharaStudio_Data / globalgamemanagers」を開いてください。
※ globalgamemanagersはバックアップをオススメします。

「Path ID」が11の「Type」が「Build Settings」となっている行を選択し、「Export Dump」をクリックしてテキストファイルを保存してください。
保存完了後も、UABEはそのまま起動した状態にしてください。



テキストファイルを修正

保存したテキストファイルをメモ帳等で開き、
30行目の「0 vector enabledVRDevices」から32行目の「0 int size = 0」までを下記のように変更して保存してください。

変更前
0 vector enabledVRDevices
0 Array Array (0 items)
0 int size = 0


変更後
0 vector enabledVRDevices
0 Array Array (2 items)
0 int size = 2
[0]
1 string data = "OpenVR"
[1]
1 string data = "None"


参考

上記変更で起動できない場合があります、その場合は下記の変更を試してみてください。

変更後2
0 vector enabledVRDevices
0 Array Array (2 items)
0 int size = 2
[0]
1 string data = "None"
[1]
1 string data = "OpenVR"


UABEでファイルを戻す

UABEの画面へ戻り、先ほど修正して保存したテキストファイルをインポートします。
「Import Dump」をクリックし、修正したテキストファイルを選択します。
下の「OK」をクリックすると、変更を保存するか表示されるので、「はい」を選び、globalgamemanagersを保存します。
※ 現在開いているglobalgamemanagersへ上書き保存は出来ません。
保存先は、コイカツのインストールフォルダの「CharaStudio_Data」へ保存をオススメします。一旦適当な別名で保存してください。
デスクトップ等に保存した場合、ファイルが壊れてしまう事があります。






別名で保存したglobalgamemanagersを、コイカツのインストールフォルダにある「CharaStudio_Data / globalgamemanagers」と入れ替えてください。


BepInExを導入

MODの動作に必要なプラグインのBepInExを導入します。
こちらから最新バージョンをダウンロードしてください。
BepInEx/BepInEx
Unity game patcher and plugin framework. Contribute to BepInEx/BepInEx development by creating an account on GitHub.

コピーして実行

ダウンロードしたzipを解凍後、コイカツのインストールフォルダへコピーしてください。
コピー完了後、一度コイカツを起動してください。設定ファイルとフォルダが作成されます。


MODをダウンロード

スタジオ用VR化MODをこちらからダウンロードしてください。
MEGA
MEGA provides free cloud storage with convenient and powerful always-on privacy. Claim your free 50GB now


zipを解凍し、コイカツのインストールフォルダへコピーしてください。


exeをドラッグ

補足

以前に本編VR化MODを使用して、スタジオをVR化したことがある方は、
スタジオ実行ファイルの「CharaStudio.exe」をaltを押しながら「IPA.exe」へドラッグしてショートカットの削除を行なってください。


スタジオ実行ファイルの「CharaStudio.exe」を本編VR化でコピーした「IPA.exe」へドラッグします。
黒いウィンドウが表示され、処理が終了し、ウィンドウが自動的に消えたら完了です。



オプションを追加

先ほどの作業で、「CharaStudio (Patch & Launch)」というショートカットが作成されます。
ショートカットを右クリックしプロパティを表示して、リンク先の末尾に「 --studiovr」と追加してください。先頭に半角スペースを必ず入れて区切ってください。




起動してみる

SteamVRを起動した状態で、「CharaStudio (Patch & Launch)」を実行してください。
SteamVRステータスにCharaStudio.exeと表示されていれば導入成功です。
スタジオのゲーム画面がコントローラーに表示されたのを確認したらソフトを終了してください。

表示されない場合、ここまでの手順で間違えている箇所があります。


操作方法

※以下コントローラーはViveで確認した操作方法です。oculusや他HMDと異なる場合があります。

コントローラーの切り換え

メニューボタンを押すことでコントローラーの役割を切り換えることができます。

ゲーム画面


ワープ・移動


GripMove


ゲーム画面操作

ゲーム画面がコントローラーに表示されます。
ゲーム画面の操作は、非VRの通常モードと同じなので、通常モードをプレイしていればVRでも特に問題ないと思います。

コントローラーの1つをゲーム画面にした状態で、もう1つのコントローラーをゲーム画面へ向けると、コントローラーからレーザーポインターが出てきます。
これがマウスカーソールの役割になり、ゲーム画面へ向けて選びたい項目等にポインターを当てた状態でトリガーを握れば選択できます。

グリップボタンを押すと、ゲーム画面を空間内に固定することができます。
再度押すとコントローラーへ戻ります。

移動方法

コントローラーの移動状態で、ワープとグリップ移動が可能です。

ワープ
トラックパッドを撫でると表示されるエリアへトラックパッドを押すと移動できます。

グリップ移動
動きたい方向へコントローラーを出し、グリップを押して引くと進むことができます。
高さや微調整はグリップ移動がオススメです。

視点回転
トラックパッドの左右を押すと、視点を左右へ動かすことができます。


GripMove

- GUIスクリーンは常に宙に浮いています。トリガーを使用してGUIスクリーンを掴み、移動、回転させることができます。
- "メニュー"ボタンを 1.5 秒押すと、GUIスクリーンの位置を初期化します。
- IKおよびFKのマーカー(青や赤の球体)をトリガーを使用して掴み、移動、回転させることができます。
- キャラクターやオブジェクトのマーカー(足元の緑の球体)をトリガーを使用して掴み、移動、回転させることができます。
- スケール調整モード(画面左下のScaleボタンから選択)ではスケールのマーカー(緑の球体)をトリガーを使用して掴み、移動させることで、スケールを変更できます。
- ワークスペース(GUI上右側)のツリー選択で、オブジェクトの選択と非選択を行うことができます。
シーン上のキャラクターの選択球(緑球)にコントローラーを合わせた状態でタッチパッドを押すと単一選択することができます。
もしくは
GUI画面上でカーソルをオブジェクトに合わせてタッチパッドを押すと、複数選択を行うことができます。


VR化

スタジオ専用のVR化MODのおかげで、出来なかった操作が可能になりました。
スタジオならではのプレイもありますので、スタジオも楽しんでいる方はVR化をオススメします。

バージョンアップをした場合は、上記と同じ手順を再度行なう必要があります。


シェアする

コメント一覧

  1. 名前:isu 2018/11/19(月) 22:28:57 ID:b37d2f6ab 返信

    こんにちは。丁寧な解説をありがとうございます
    大変参考になります

    「テキストファイルを修正」の項目なのですが

    [0]
    1 string data = “None”
    [1]
    1 string data = “OpenVR”

    なのか、あるいは

    [0]
    1 string data = “OpenVR”
    [1]
    1 string data = “None”

    なのか2通りの書き方になっていますが、どちらが正解でしょうか…?

    • 名前:管理人 2018/11/20(火) 00:11:28 ID:a175dba16 返信

      記事作成時から一部手順が変わっていますので追記・修正しました。

  2. 名前:tamu 2018/12/24(月) 11:46:33 ID:f8a5d44b8 返信

    こんにちは。丁寧な説明のおかげでスタジオのVR化出来ました、ありがとうございます
    記事で説明されている操作が出来るのは一通り確認したのですが
    スタジオのキャラの移動や関節の回転などはどうやって操作すればいいのでしょうか?
    IKやFKの関節や移動軸に当てられるレーザーポインターがないので困ってしまいました

    • 名前:管理人 2018/12/31(月) 01:06:02 ID:2547c12a0 返信

      操作可能になりましたので、記事を更新しました。

  3. 名前:匿名 2018/12/29(土) 09:56:47 ID:07b1fa380 返信

    マウス操作したかった。

  4. 名前:匿名 2019/02/18(月) 02:53:52 ID:fdfcf713d 返信

    こんにちは。本編とスタジオをVR化すると、[GF]Character Texture Packのような一部のzipmodがvr、非vrを問わず読み込めなくなってしまうのですが、同じような症状で困っている方は、いらっしゃいませんか?