カスタムメイド3D2 しばりすの導入方法

カスメでMODを使用に必須な「しばりす」の導入を紹介します。

しばりすとは

複雑になるMODの管理を簡単にできるMODです。
基本的にMODはゲームの元データを上書きして置き換える事が多いですが、しばりすを導入しておくと、しばりすのフォルダに入れたいMODを入れるだけでMODを導入することが可能になります。
管理する際も、しばりすフォルダを開けば現在導入しているMODがわかりますので、MODの管理が超簡単になります。

また、カスメのデータ読み込み状況(ログ)が確認できるので、エラーが発生した際にエラーを特定しやすいです。

入れて損することはないですので、MODを入れて遊ぶ予定の方は必ず入れましょう。

しばりす導入方法

購入したばかりの方は、バージョンを最新にしておきましょう。
バージョンアップはこちらで紹介しています。
カスタムメイド3D2をVRでプレイするまで
カスタムメイド3D2本体のインストールとHMD(Vive等)の設置と各種設定も完了した状態にしておき...

しばりすをダウンロード

MODアップローダーから、しばりすをダウンロードします。
sybaris-160930.zip (cm3d2_e_317.zip) ダウンロード | CM3D2 MOD ろだE | uploader.jp
しばりす 160930(ExPreset対応、ポーズが読めない件の暫定修正)(COM3D2はたぶん買います><)

解凍してコピー

zipを解凍して、出てきた「opengl32.dll」と「Sybaris」フォルダをカスメのインストールフォルダへコピーします。
32bit版を使用している場合は、「x86」フォルダに入っている「opengl32.dll」をコピーします。



以上で導入は完了です。

カスメを起動して動作確認

いつもどおりにカスメを起動すると、文字化けしたログ画面が表示されたら導入成功です。
文字化けは初回のみなので次からは文字化けはしません。

導入必須MOD

現在カスメでMODを使用する場合、しばりすは必須になっています。
導入したMODが増えるとファイル構成等がゴチャゴチャになってしまいますが、ひとつのフォルダでMODが管理できるのはかなり助かりますね。

一応しばりすの機能などが書かれている「readme.txt」にも目を通しておいてください。


VR用のオススメMODはこちらで紹介しています

カスタムメイド3D2のオススメVR用MODはこれだ!
カスタムメイド3D2でVRのプレイをより快適にする、オススメのVR用MODを紹介します。 ※M...




シェアする