VRエロゲーに必要なPCスペック




VRのエロゲーは通常のVRゲームと比べ、比較的に軽い部類に入ります。
ギリギリの性能でもプレイは可能ですが、性能が高い方が女の子を高画質で楽しむことができます。
基本的にViveの推奨スペックさえ満たしていれば、VRのエロゲーをプレイするだけであれば問題ないかと思います。
ですが、性能が高いPCであるに越したことはありません。
家電量販店で売っているメーカーPC(SONYや富士通等)でプレイはほぼ100%不可能と思ってください。

Vive公式推奨PCスペック
■ CPU: Intel® i5-4590, AMD FX 8350 と同等あるいはそれ以上
■ GPU: NVIDIA GeForce® GTX 970, AMD Radeon™ R9 290 と同等あるいはそれ以上
■ RAM: 4 GB 以上
■ Video 出力: HDMI 1.4, DisplayPort 1.2 あるいはそれ以降
■ USB ポート: 1x USB 2.0 あるいはそれ以上
■ オペレーティングシステム: Windows 7 SP1, Windows 8.1 あるいは Windows 10
※個人的にメモリは最低8GBは必要です。

VRが動作可能か調べる

今使用しているPCのままでプレイできればそれが一番出費が少なく済みます。
steamからVRの動作チェックソフトが出ていますのでそれで確認が可能です。

SteamVR Performance Test
SteamVR Performance Test on Steam
Check whether your system is VR Ready, and if not, whether its capabilities are bound by Graphics Card, CPU, or both.
※steam登録が必要

このテストでVRレディがレディであれば大丈夫です。
私の場合は以下のような感じ

GPUがGTX900シリーズなので足を引っ張る感じですね。
VRのエロゲーであれば、基本的に90fpsで動作しています。
ですが、複数女の子を表示したりすると重くなり90fpsに到達しないことがあります。

一番早い方法

考えるのが面倒くさい、イマイチ分からない方は、
ツクモ、ドスパラ、サイコム、マウス等のBTOサイトでVR推奨PCの購入をお勧めします。
セールを実施していたりすると、自分でパーツを揃えて自作するより、安く買えることもあります。

たとえば、ツクモの場合、
G-GEAR 「VIVE 推奨」 ブロンズモデル VG7J-A91/T
VG7J-A91/T - BTOパソコン eX.computer
ゲームPC eX.computer G-GEAR 「VIVE 推奨」 デスクトップパソコン ミドルタワー(PCケース:69JD)。 ゲーム用パソコンのG-GEAR(eX.computerシリーズ)。自作ユーザーに評判の高品質メモリーなどを採用した人気のBTOモデルです。
インテル® Core™ i5-7500 プロセッサー
NVIDIA® GeForce® GTX 1060
PC4-17000 DDR4 8GB (4GBx2)
240GB SSD (SATAIII接続 / 6Gbps)
ASUS H110I-PLUS (Mini-ITX)
Windows 10 Home
税別 ¥104,800

VRエロゲーのプレイには十分な性能です。
さらにここからカスタマイズも可能ですので、GPUをGTX1070に上げても+15000円です。

自作する場合

自作のメリットは、BTOでは選べないPCケース、電源やメーカーなどを選んで組むことができます。
自作を考えている方は、既に詳しく解説しているサイトがたくさんありますので、今更このサイトで紹介する必要はないかなと思いますので詳しくはやりません。
超簡単に紹介すれば、CPUはi5、GPUはGTX1070、メモリ8GB以上であればストレスなく動くはずです。


シェアする