カスタムオーダーメイド3D2 体験版公開、VRでプレイも可能

Kiss新作の「カスタムオーダーメイド3D2」体験版が公開されました。
気になっていたVRもサポートされているようで、体験版をVRでプレイすることが可能になっています。
なんと夜伽も体験版に含まれています。さっそくプレイしてみましょう。

必要動作環境

通常プレイの動作スペックは以下のようになっています。
OSが64bit専用になっていますので描写等が前作より強化されるかもしれません。
対応OS Windows 7/8.1/10(全てのバージョンにおいて64bitのみ)
CPU Corei5 (4Core) @2.5Ghz 以上
メモリ 必須:6GB以上
推奨:8GB以上
グラフィック 必須:DirectX 11 対応GPU
   GeForce GTX 560 以上 or Radeon R7 260X 以上
推奨:GeForce GTX 760 以上のミドルレンジ~ハイエンドクラス
※ノートパソコン向けGPUはサポート対象外です。
解像度 必須:HD(1280×720)以上
推奨:フルHD(1920×1080)以上
必要空き容量 4.5GB以上(インストール先変更可能)
DirectX Ver 11.0以降必須

VR必要動作環境

VRの場合、通常プレイよりスペックが必要になりますので注意してください。
対応OS Windows 7/8.1/10(全てのバージョンにおいて64bitのみ)
CPU Corei5 (4Core) @3Ghz 以上
メモリ 必須:8GB以上
グラフィック 必須:DirectX 11 対応GPU
   GeForce GTX 970 以上
※ノートパソコン向けGPUはサポート対象外です。

体験版ダウンロード

下記リンクよりPART1とPART2をダウンロード後、PART1のファイルを実行して解凍して下さい。
解凍して出てきた「installer.exe」を実行してインストール完了です。
http://com3d2.jp/special.html#trial



VR起動

インストールしたオーダーメイドを実行するとランチャーが起動します。
右のVRONを選択すればVRでプレイが可能です。


VRの操作方法

インストール先のマニュアルフォルダにhtmlが入っていますので確認してください。
載せようと思いましたが、長く見づらくなってしまったので省略します。

ベンチマーク

タイトル画面の左下にベンチマークがあります。
快適に動作するかチェックができますのでやってみましょう。



非常に快適と結果が出たら動作に問題はないと思います。
結果が良くない場合、できれば高性能なPCに買い換えましょう。
PCの性能が高くてもスコアは11000程度が頭打ちっぽいです。

新作というより続編?

UIなどはあまり変更がなく、新作というより続編的な感じでしょうか。
VRの操作はMODの拡張に慣れているとかなり不便ですね。
夜伽シーンは操作する機会が多いので特に感じますね。
音ゲー要素などが追加されていますが、VRではあまり関係ない気がします。
発売は2月23日です。




シェアする