VR射精サポーター Quest2の新機能盛り盛りで快適VRオナニー

同人サークル「VRゲーム屋さん」から「VR射精サポーター」が発売中です。
パススルー・ハンドトラッキング・ボイスコマンド操作、手の動きとキャラクターを同期させる親子付けにも対応しています。
対応ヘッドセットはMeta(Oculus) Quest2専用となっています。

作品紹介


あなたの手に合わせて女の子が腰振り! 手足を自由に移動! その他多数の新機能と性能向上!

◆【手を追従して射精サポート】:挿入、フェラ、手コキモードではあなたの手を追従して女の子が動く!高い実用性を実現!
◇【手足をつかむ】:手首と足首、ヒジとヒザの向きを自由に変更可能!女の子を好きな体勢に!
◆【高い操作性】: ハンドトラッキングでは扱いづらいボタンを極力排除し直観的に操作!


インストール

Meta(Oculus) Quest2へインストールするスタンドアロン起動にのみ対応しています。
下記記事を参考に「ESupporter.apk」SideQuestを使用してQuest2へインストールを行ってください。

Oculus Quest 非公認アプリをSideQuestを使用してインストール・設定方法
Oculus公式ストア以外のアプリをインストールできるようになる、SideQuestのインストール・設定を紹介します。 Side...


プレイ

初回起動時にマイクへの許可ダイアログが表示されます。必ず「許可」を選択してください。
許可しないとボイスコマンドが使用できず、ゲームが正常に動作しない場合があるようです。

ハンドトラッキングを使用したプレイが推奨されています。
Quest2の設定でハンドトラッキングを有効にしてゲームを開始してください。

ゲームを開始するとメニュー画面が表示されています。
日本語と英語の操作方法とイヨかルエナのどちらかとエッチするか選択が可能です。
衣装脱衣の操作等が少し独特なので、初回プレイでは操作説明を見ることをオススメします。
操作説明はゲームファイルに同梱されている説明書にも詳しく記載されています。




女の子の体に緑・赤・青のマーカーが表示されます。
各マーカーをつまむことで体を動かす、エッチを開始する、衣装を脱がせることができます。



メニュー

常時表示されているメニューと、キャラの頭にあるマーカーを触ると表示されるメニューがあります。
常時メニューは部屋の変更やボイスコマンドのオンオフ等が変更可能です。




キャラメニューは体位と表情をプリセットから選ぶことができます。
体位は腕や足のマーカーを動かして自分の好きな体位へ変更することができますが、動く可動域の制限設定されていない為、腕や足があり得ない方向へ反転することがあり軽くグロテスクになってしまうので、プリセットから体位を選び微調整をオススメします。
赤マーカーの有効化オンオフがエッチ中はオフにすることをオススメします。




脱衣

衣装の脱衣は実際に衣装をつまんで脱がす必要があります。
ブラはホック部分にマーカーがあり、実際に脱がせているようでいいですね。




エッチ

口・手・股間の赤マーカーを3回連続でつまむと、キャラと自分の手の動きが同期されて、自分のちんこをしごく動きに合わせてキャラも動く、通称親子付け状態になります。

おっぱいは触ると当たり判定があり、ハンドトラッキングで揉むと実際に揉んでいるようでいいですね。
(クズを見るような目になっていますね)




キス

女の子の顔へ近づくとキスができます。
ある程度女の子から押し返してくれますが、こちらから顔へ押しすぎるとキスが解除されてしまいますね。




女の子

エッチができる女の子のキャラクターはリリース時点では2人ですが、今後のアップデートで追加されるようです。
おっぱいの大きいルエナちゃん




相性抜群

パススルーとハンドトラッキングと親子付けというVRエロゲーでこれ以上ない組み合わせが楽しめます。
特にハンドトラッキングはコントローラーを持つ必要がなくなり、ちんこをしごく作業に集中できます。
それだけでなく、しごく手の動きとキャラが同期するという実際にエッチしているようなプレイが楽しめるのは大きいですね。
最初は動作等を確認する程度でゲームを始めましたが、気づけば普通にオナニーをしていました。ハンドトラッキングと親子付け恐るべし・・・

一応ボイスはありますが、セリフ数は少なく話す頻度もそこまで多くはありません。
さっきもこのセリフ聞いたなーとなることがあったので、もう少し増えるといいですね。
キャラメニューではハンドトラッキングでの反応が悪く選択に苦戦したので改善が欲しいです。
また、腕や足を動かすと骨がボキボキに折れたような方向になってしまうことも多々あったので可動域の制限を掛けてもらえるといいですね。

多少気になるところもありますが、キャラクターも可愛くセリフもあり、パススルー・ハンドトラッキング・親子付けという新たなプレイが楽しめる機能がそろっていますので十分楽しめるでしょう。
個人的には向かい合って顔に手を添えて手コキをするプレイが好きです。



SNSフォローボタン

シェアする