カスタムメイド3D2をVRでプレイするまで

カスタムメイド3D2本体のインストールとHMD(Vive等)の設置と各種設定も完了した状態にしておきます。

バージョンを最新にする

ランチャーの右上に表示されるバージョンを確認します。
バージョンの隣に表示されているbitも64か32かを確認しておいてください。



公式のアップデータ配布ページへアクセス
アップデータ

バージョンが1.12より上だった方は、最新のアップデータ「アップデータ Ver.****」をダウンロード。
最新アップデータの32bitと64bitは、ランチャーで確認したbitをダウンロードしてください。
バージョンが1.00~1.12だった場合、「Ver.1.00~1.12向けアップデータ」もダウンロードしてください。



ダウンロードしたzipファイルを解凍後、update.exeを実行しアップデートを適用してください。
一応readmeを読んでおくことをオススメします。


更新後、ランチャーとsteamVRを起動し、VR起動にチェックを入れてプレイ開始です。


定期的に更新しよう

更新することでバグ修正や機能追加等されますので、基本的にバージョンは最新状態でプレイをオススメします。
※MODを使用している場合は、バージョンアップでMODが使用できなる可能性があります。バージョンアップ前にカスメのインストールデータをバックアップする等をオススメします。



シェアする