理想のメイド。にVR化MODを導入してVRでプレイ!

同人サークル「@OZ」から販売されているエロゲー「理想のメイド。」、某アニメキャラにそっくりな気もしますね。
本作はVR専用作品ではありませんが、有志が作成したMODを導入しVRでプレイが可能です。
MODを導入しプレイするまでの手順を紹介します。

※公式対応ではありません。MODの導入は自己責任です。

作品紹介



■ロズワースに使える美少女メイドが貴男の自由になったら・・・
リアルタイムエロ3D動画集第3弾は
献身的で絶対可愛い・理想のメイドをお送りします。

 今作ではラブな展開はもとより、献身的で可愛いメイドを
 拘束して責め続ける[鬼イカセ]的要素を充実させました。
 また、特番モードとして[鬼イカセ]ボタンを新設置。
 強制的にイカセ続ける[鬼イカセ]ルートで貴男のSっ気を刺激します。

モーションスピ-ドの選択ボタン。
 ヒロインの心の声ボタン搭載。
 前作よりフィニッシュシーンレベルアップ。
 男の表示切り替えボタンで[全身全裸の男]か
 [手&ペニス]か[シルエットの男]のみの表示に変更可能。
@OZお得意の衣装チェンジもお楽しみ頂けます
 メイド服か黒ビキニか全裸&白ニーソを選択可能です。

■豊富なプレイ内容
[ラブモード]
乳首責め 手マン マングリ返し(クンニ)+手マン
パイズリ 膝立ちフェラ~食ザー

[拘束]
脇腹くすぐり 足裏くすぐり 乳首舐め+手マン
目隠し+乳首電マ 目隠し+乳首・クリ電マ
目隠し+乳首・クリ電マ+ヴァギナにバイブ

[SEX]
正常位(挿入~中出し) 騎乗位(中出し)
逆駅弁
※特番鬼イカセモード有り

MOD導入

理想のメイドとSteamVRのインストール、HMD(Vive等)の設置と各種設定も完了した状態にしておきます。

MODをダウンロード

こちらからMODをダウンロード
v1.1のzipをダウンロードしてください。
Eusth/VRGIN.Template
Generic project to work with VRGIN. Contribute to Eusth/VRGIN.Template development by creating an account on GitHub.

zipを解凍し、「理想のメイド」のインストールフォルダへコピー


exeをドラッグ

解凍して出てきた「IPA.exe」へ「MO_RM_01.exe」をドラッグします。
ウィンドウが表示され処理が終了し、ウィンドウが自動的に消えたら導入完了です。


起動オプションを追加

先ほどのドラッグ&ドロップで、「MO_RM_01 (Patch & Launch)」というショートカットが作成されます。
ショートカットを右クリックしプロパティを表示して、リンク先の末尾に「 --vr」と追加してください。--の先頭に半角スペースを必ず入れてください。



とりあえず起動してみる

とりあえず導入が成功しているかの確認も兼ねて1度起動してみます。
SteamVRを起動した状態で、「理想のメイド」のexeを実行するとVRでプレイが可能です。
HMDの画面に表示されたのを確認したらソフトを終了してください。

本番前に

このままでも問題なくプレイできますが、レムに近づくと、あまり近づいていないのに頭や体の中身が見えてしまいます・・・
貫通するレムは嫌なので、レムまでの距離を調整をします。

先ほどの初回起動時に「VRContext.xml」というファイルが作成されています。
「VRContext.xml」をメモ帳などで開き、21行目にある「NearClipPlane」の数値を「0.01」へ変更して保存しましょう。



これでかなり近づいても貫通することなくプレイができるようになります。
没入感アップの為に変更を強くオススメします。

グリップ移動はキーボード操作が必要

これでようやくプレイ!といきたいですが、起動後は操作がキーボードとマウスになっているためVRコントローラーで操作(移動など)ができません。
操作モードを切り替えればグリップ移動ができるようになりますので切り替えましょう。

ゲームを起動した後、キーボードの「Ctrl C」を2回押すとコントローラーでグリップ移動が可能になります。

これは起動するたびに毎回キーボードを押す必要があります。

操作方法

※以下コントローラーはViveで確認した操作方法です。oculusや他HMDと異なる場合があります。

コントローラーの切り換え

メニューボタンを押すことでコントローラーの役割を切り換えることができます。

ゲーム画面


ワープ・移動

ゲーム画面操作

ゲーム画面がコントローラーに表示されます。
ゲーム画面の操作は、非VRの通常モードと同じなので、通常モードをプレイしていればVRでも特に問題ないと思います。

コントローラーの1つをゲーム画面にした状態で、もう1つのコントローラーをゲーム画面へ向けると、コントローラーからレーザーポインターが出てきます。
これがマウスカーソールの役割になり、ゲーム画面へ向けて選びたい項目等にポインターを当てた状態でトリガーを握れば選択できます。

グリップボタンを押すと、ゲーム画面を空間内に固定することができます。
再度押すとコントローラーへ戻ります。

移動方法

コントローラーの移動状態で、ワープとグリップ移動が可能です。

ワープ
トラックパッドを撫でると表示されるエリアへトラックパッドを押すと移動できます。

グリップ移動
動きたい方向へコントローラーを出し、グリップを押して引くと進むことができます。
高さや微調整はグリップ移動がオススメです。

視点回転
トラックパッドの左右を押すと、左右へ視点を動かすことができます。

少ないVR化可能作品

レムのようなレムじゃないようなレムとエッチできるぞ!
現在数少ないVR化してプレイが可能な作品です。
同人ですが音声あり、服装変更も可能です。体位も基本的なものは揃っています。
非VRでもアングルを細かく調節できますのでVR環境がなくても楽しめると思います。


シェアする