ドスケベVR・オブ・ザ・デッド! リアル系パススルー対応

同人サークル「Orchestra: N&W」から「ドスケベVR・オブ・ザ・デッド! ~The BlackShips are Coming!~」が発売中です。
Questシリーズ専用でパススルーにも対応しています。

目次

作品紹介

――圧倒的進化を遂げた超傑作……!貴方が求めていたのは、これだ!

前作より要望の多かったUI関連のブラッシュアップを中心に、より操作性の増したドスケベ空間を構築。
ハイクオリティなSFステージを複数搭載し、勿論パススルー機能も続投。
地下シェルターで、研究施設で、そしてパススルーにより映し出された貴方の部屋で……!
4名+2名、総勢6名のドスケベ・ガールが貴方を待ち受けます!

また、軽量化処理を施した『えちえちPicture&Video投射システム』も当然搭載!
予め自身でご用意したエロ画像、エロ動画を入れておく事で、幾つでもVR空間へ自在に配置可能です!

Questシリーズ専用

Meta(Oculus)Quest専用作品で、本体へインストールが必要です。
下記を参考にインストール作業を行ってください。

モード選択・操作方法

起動するとタイトル画面で2つのモードが選択できます。

Hentaiモード

女の子を好きに動かしたり、表情、体位を変更してエッチが可能
好きな画像や動画も表示も可能

Survivalモード

襲ってくるゾンビを5分間倒し続ける耐久ゲーム

操作方法

コントローラーのみ対応で、ハンドトラッキングで操作はできません。
同梱のテキストにもマニュアルが同梱されています。

  • B・Yボタン  メニュー表示
  • A・Xボタン  押したまま動かして移動
  • トリガー  決定
  • スティック  左右移動
  • グリップ  メニュー・女の子を掴む

Hentaiモード

変態モードを選択すると、5人の女の子が居る空間から始まります。
5人全員を表示した状態は負荷が高く、動作が少しカクカクしますので、必要なキャラ以外は非表示をオススメします。

メニュー

コントローラーのB・Yボタンでメニューを表示できます。
左に各キャラ、右側に変更可能項目が表示されています。
キャラを選んで各項目を変更する流れですね。

設定では位置のリセットやキャラの表示・非表示、衣装の脱衣、喘ぎ声、ピストン音、表情等が変更できます。

体位

体位は正常位、後背位、騎乗位から選ぶことができます。
メニューには女と男のマークがあり、女の子2人でプレイが出来るようになっているようです。
体位によって、後ろを向いたり、前を向いたりとバラバラでしたのでキャラの位置リセットをほぼ毎回使用しました。
キャラを掴んで好きな位置へ移動もできますので、体位で困ることはなさそうです。

騎乗位(パススルー)

ベロチュー

女の子の顔に近づくと、ベロチューができます。

Stage

ステージ(場所)は4か所変更が可能です。
近未来のようなステージが3か所と、自分の部屋を映し出すパススルーとなっています。

EXtra

エクストラではメニューのサイズ、画像・動画表示、パススルー時の表示変更、片手モード、BGMオンオフ、画質設定、移動速度変更が可能です。

Survivalモード

サバイバルモードでは全方位からやってくるゾンビ娘を5分間ひたすら倒すゲームです。
開始するとパススルー状態となり、自分の部屋でゾンビが襲ってきたゾンビを倒すシーン楽しめます。
クリアしてもクリア特典等があるわけではありません。
意外と難しくて私はクリアできませんでした。(遠いと弾が当たらず囲まれる)

リアル系ビューワ

同人のVRエロゲーでは珍しいリアル系の作品です。
リアル系の3Dモデリングですが、イリュージョンのハニセレ等のリアル系と似ていますので、海外製でよくあるデザインがちょっと無理・・・とはならないですね。

内容は体位を選んでエッチをするビューワータイプのエロゲーです。
体位の種類は多く、女の子の体を掴めて、数人キャラを並べてハーレムプレイもできますので、プレイの自由度は高めです。
しかし、表情や喘ぎ声の種類が少なく、プレイが単調になってしまいますね。
パススルーも使用可能で、リアル系のパススルーはおそらく初(?)ですので、新鮮さもありますね。

好きな画像や動画をゲーム内に表示することもできるようですが、うまく動作せず確認ができませんでした。
表示人数を増やすと、電池の消費がかなり激しく、あっという間に充電がなくなります。
操作性等は悪くないので、エッチ周りの改善が欲しいですね。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

名前は無記入でも書き込めます
日本語が含まれないコメントは書き込めません(スパム対策)
返信をしたい場合、返信から返信ができます

目次